今はネット証券の時代!

ネット証券のメリットとデメリット

インターネットによって取引を行うネット証券の一番に魅力は売買手数料が安いことです。証券会社によって違いはありますが、対面証券と比べると十倍以上違うこともあります。また、インターネットができる環境ならどこでも取引ができるので、証券会社に行ったり、営業マンと会う必要がなく、旅行や出張などで遠距離にいても取引ができます。
ネット証券は売買手数料の安さが魅力ですが、通信障害などでインターネットが動作しない場合のリスク、株の売買を直接行ったり、株を購入するための情報を自分で見つけなければいけないことがデメリットといえます。
ネット証券に慣れている方は株の売買を直接行うことは当たり前のように思うかもしれませんが、例えば、100株購入するところを入力ミスによって1000株購入したとしても、売買が成立すればキャンセルすることができません。
株を購入する情報については、最近は企業のホームページのIR情報で投資判断するための資料を簡単に閲覧することができますが、それらの情報をしっかり分析して、今後の業績を予想することができなければいけません。対面証券であれば営業マンが資料と分析レポートを出して事細かく説明してもらえるので、分析は営業マンにまかせて投資判断だけを考えるだけですみます。
また、株価というものはトレンドによって左右されることがあります。決算や今後の業績を予想して、妥当な株価であっても、人気のある銘柄であれば上昇することがあります。逆に決算や今後の業績を予想して、割安な銘柄でも人気がないと株価がほとんど動かないことがあります。そのようなトレンドを見抜くのは、長年、証券業界で働いている営業マンのアドバイスはとても参考になります。